読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Msound 工房

JOULE FORCE誕生までのバカ馬鹿奮闘記!!!

JOULE FORCE誕生までのバカ馬鹿奮闘記!!!カーオーディオ用アナログパッシブネットワークの極み!編

◆アナログパッシブネットワークの極み!編

皆さんこんにちは!アナログ部分の詰め
アナログパッシブネットワーク!!

f:id:bakabakakyoujyu:20160111162818j:plain




どんなに科学が進もうと回路が優れようと音の出口はスピーカーと言うアナログな空気の振動である事には代わりが無いのです!

ではアナログの頂点でもあるパッシブネットワーク!
デジタルの頂点であるフルマルチ!!

ここで少し豆知識!!

皆さんが良く耳にされますフラットな高音質などと良く耳にされるとは思いますが!!
実は計測上細かい波は除きましておおよそ低域から高域までの実用範囲がグラフ上真っ直ぐ大きな波の無い状態がフラットと呼びます!!

しかしこのグラフ拡大して見ますと、大きな性能のピーク上がりや限界性能による落ち込み下りこれを大波と考えます!
更にはスピーカの音の出方癖アンプから来る抑揚の波を小波とします!

大波が少なく大まかにグラフ上で真っ直ぐ特性が出ていますと!
細かい所は無視してフラットと呼んでいるのが事実上です

そこで!この波を手元で果てしなく波の無い状態に出来るのがエレクトロニクスそうですデジタル技術なのです!!すげ~

でも単純にここでデジタル最強と言えない理由があるのです!
実際にイコライザーマルチプロセッサーを使いフラットな特性に補正して音色を聞いて見ますと!!なんじゃこりゃ~と聞いていられないぐらい、抑揚の無い感情何て微塵も無い!!更には聴きたいボーカルが周りの演奏に埋もれて聞こえなかったりその逆のボーカル域しか聞こえない音色が硬い艶も無いまるで二次元の世界です><

こんな物は断じて高音質ではない!!

そうです!この小波こそが数値では測れないクオリティーではなく
クオリア領域だったのです^^

このアンプ良いなとかスピーカー良くなるよねとかはこの小波の部分が人の耳を引き付けるアルゴリズムを発していると言う事です!!

すなわち!!商品の品定め実視聴はこの小波のアルゴリズム性能を比べているに過ぎないのです!!

しかしながらこのアルゴリズムこそがまねの出来ない無数の小波として
無視できない最高のバロメーターなのです!

もちろん大波自体がフラットでないものは論外です!

長々と書き込みましたが!!

結論!!!
デジタルでフラットな状態を作るとこの自然界には存在しないホンとに
直線的な音になってしまい現実の小刻みなアルゴリズム揚の部分は消えてしまうと言う致命的な状態が生まれます!!
計測的には完璧かもしれませんが、デジタルを追い求め追求する気にはなれませんでした!!

と言う事で最も難しくごまかしの効かない微調整も手元で出来ないパッシブネットワークを選択する事に…

私が始めて手がけ当時最高峰とも言える素子をOEM化し
て頂きましたBEWITHさんのご協力の下完成しました

第一作目初代パッシブネットワーク当時はイタリアのPH
と言うブランドネームで発売させて頂きました!!

写真真ん中です^^

左端が現在私が使っておりますオリジナルです!!
右側は、大きさ比べのJBL3way